指宿南九州消防 酒気帯び(懲戒免職)の消防士の名前・顔画像・現場は?公務員が一番やっちゃいけないやつでしょ!

また公務員の失態が露わになりましたね。指宿南九州消防の男性消防士が昨年末に酒気帯び運転で事故を起こし、その処分として懲戒免職になったようです。

この消防士は指宿市の20代男性ということで、名前、顔画像、現場などが気になりましたので色々と調べて見ました。

懲戒免職になった男性消防士について

男性消防士の情報

名前:非公表

年齢:20代

住所:鹿児島県指宿市

これ以外の情報はまだ公表されておりませんので、分かり次第随時こちらの記事を更新させていただきます。

 

男性消防士の顔画像,Facebook

現時点ではこの男性消防士の顔画像は公開されておりません。

今後の報道やその他のメディアでの発表・公開があり次第、こちらの記事を更新させていただきます。

また、今回の消防士のFacebook、Twitterなどの情報も判明次第、随時UPしてまいります。

今回の懲戒免職に至った経緯

指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像1 指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像2 指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像3 指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像4 指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像5 指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像6 指宿南九州消防酒気帯び懲戒免職消防士名前顔画像7

酒気帯び運転で事故を起こし相手にけがをさせたとして指宿市の20代の消防士がきょう付けで懲戒免職処分となりました。

処分を受けたのは指宿南九州消防組合に所属する、20代前半の男性消防士です。

この消防士は去年12月31日の午前5時半ごろ、鹿児島市の国道にて酒を飲んだ状態で乗用車を運転し、信号待ちの車に追突、40代の男性ドライバーに軽いけがをさせました。

当日の午前8時半から勤務の予定だったといいます。

消防組合の調べに「同じように酒を飲んで朝方帰ることを過去にも4・5回した」と話しているということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010003-kkbv-l46

今回事件が起こった現場は

今回の事件が起こってしまった場所の詳細な情報は正式には公開されておりませんが、現時点でメディア、報道機関が発表している情報などから、「国道225号」とされているようです。

先ほどの画像に焼き肉店の看板があるようですね。

おそらくこの辺だと思います↓

なぜ公務員による事故・事件が絶えないのか,,,

今回のような事件が起こるたびに思ってしまいます。

「市民の税金で稼いでおきながら。。。」

こんな風に思ってしまうのは今回のような事故が起きた時ばかりではありませんが、今回の場合は、過去にも同じような酒気帯びの状態で自動車を運転をしていたその神経が公務員としてはあり得ないからです。

まあ、ただ分からなくもないです。夜勤なども多い消防署員ですから、きっとストレスが溜まることもありますしね。

でも、例えばこれが一般市民が引き起こした事故であればこんなに大きなニュースにはなっていないでしょう。

けが人が出てしまったこともいただけないです。

市民の反発もこれからあると思いますが、それは覚悟すべきだと思います。

そうなると、消防だけではなく行政全体で再発防止の対策をとれるかどうかに焦点が集まります。

まとめ

今回のような事故は全国でも数多く起こっています。

その度に役職のある人間が頭を下げる。。。実際のところ、市民はそんな謝罪なんて求めてない。

「もうこんなことはあってくれるな!」そんな風な感情だけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。